日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「直球の制球良かった」 ヤンキース田中が3回を0封4K

 ヤンキース・田中将大(28)はパイレーツ戦に登板。3回を3安打無失点、4奪三振だった。

 この日は直球とスプリットの制球が安定した。ストライクを先行させて追い込むと、いずれも最後はキレのいいスプリットで相手打者のバットに空を切らせた。

 二回、先頭の4番ジェイソーに右翼線への二塁打を許したが、後続を打ち取り、つけ入る隙を与えなかった。3回を投げ終えて37球。予定の45球に達する前に降板した。

 ここまでオープン戦は2試合、5イニング連続無失点と好調な田中は「直球の制球は前回よりも良かった。安打の打たれ方は悪かった」と振り返った。

 ダイヤモンドバックスの招待選手である元ロッテの中後悠平(27)はマイナーキャンプに降格した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事