日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャニーズの呪縛は解けた? 田原俊彦メジャー復帰のウラ

 田原俊彦(55)が「まだまだ歌って、踊って、暴れてやろうと思ってます」と意気軒高である。

 歌手として11年ぶりにメジャー復帰し、6月発売のニューシングルをユニバーサルミュージックから発売するとファンクラブイベントで発表したのだ。8月下旬から10月下旬にかけて、全国ツアーも予定しているそうで、再来年のデビュー40周年へ向け、時ならぬ追い風に乗っている。

 田原といえば、1994年に個人事務所を設立しジャニーズ事務所から独立して以降、ジャニーズからの圧力で芸能界から干されたと伝えられて久しい。ここ数年は爆笑問題が司会を務めるTBS系「爆報!THEフライデー」などに出演し、テレビへの露出も増えているが、今回のメジャー復帰といい、ジャニーズからの呪縛は解かれたのだろうか。ある音楽評論家はこう言う。

「ユニバーサルからは、昨年3月にKAT―TUNを脱退し、ジャニーズから独立した田口淳之介のシングルが4月にリリースされるんです。何らかの圧力で、田口のメジャー計画はお蔵入りになるのではないかと業界で注目されていたのですが、今のところ、頓挫したという話は聞かない。田口を様子見の観測気球にしていたわけでもないだろうけど、ジャニーズの独立から20年以上経っていることもあるし、ユニバーサル幹部が田原のメジャー復帰にもゴーサインを出したのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事