高校通算HR新記録 早実・清宮「108本目」はいつになる?

公開日:

 スポーツ紙では“何十年に1人”の逸材がなぜか毎年出てくるが、早稲田実業3年の清宮幸太郎選手(18)は、間違いなく超高校級の怪物スラッガーと呼べるだろう。彼にとって高校最後の甲子園出場をかけた予選(西東京大会)が7月8日に開幕するが、その前に怪物の素顔を見てみよう。

 怪物スラッガーは、高校通算本塁打の記録更新も射程圏内だ。主な高校生強打者の現時点の通算本塁打記録上位5人は――。

①山本大貴(107本=神港学園→JR西日本・引退)
②清宮幸太郎(100本=早稲田実業)
③黒瀬健太(97本=初芝橋本→ソフトバンク)
④伊藤諒介(94本=神港学園→法大↓大阪ガス)
⑤中田翔(87本=大阪桐蔭→日本ハム)

 顔ぶれはこんな具合で、清宮選手は堂々の2位にランクイン。あと8本で、山本選手を抜きトップの座に君臨することになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る