安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

清宮最大のライバル 履正社高・安田尚憲のツボと弱点

公開日:

 早実高・清宮幸太郎と履正社高・安田尚憲、どっちが上ですか?

 今年になって、よく問われるようになった。

「比べられません」と答えている。

 打者としての〈タイプ〉が違う。

 清宮幸太郎は打球を高く持ち上げて、雄大な放物線で距離を出せる〈長距離打者〉。一方の安田尚憲は打球に猛烈な逆スピンをかけて、低いライナーで外野フェンスを襲う〈中距離打者〉。打者としてのカテゴリーが違う。

 今年の高校3年生で、このカテゴリーなら、文句なしに安田尚憲がナンバーワンだろう。

 この春のセンバツ。かなり攻略困難な盛岡大付高・三浦投手のチェンジアップを猛烈なピッチャー返しでセンター前にはじき返した打球を見て、日本ハム・大谷翔平の高校時代を思い出した。大谷は、打撃練習の最初の5球と最後の5球、当たったら間違いなく死にそうな〈殺人打球〉で、猛烈なライナーをピッチャーに向かって打ち返していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る