早大に高まる“清宮待望論” 争奪戦で猛烈攻勢のチーム事情

公開日:

「慶大の優勝を阻止したといっても、先行きが不安。やっぱり清宮君が入ってくれないことには」

 28日の早慶戦を観戦した古株の早大OBがこうつぶやいた。

 六大学野球春季リーグ戦。慶大が勝てばリーグ優勝となるこの一戦は、早大が1点ビハインドの七回に大量5得点を挙げるなど、12―6で勝利した。慶大の優勝を阻止して一矢を報いたが、3季連続のV逸となった早大周辺では、この日の美来工科(沖縄)との招待試合で高校通算96号本塁打を放った早実・清宮幸太郎(18)の待望論が一層、高まっているという。

 早慶戦2試合で計14失点を喫するなど、今春のチーム防御率4.02はリーグ5位(28日現在)と投手がボロボロ。1年秋、2年春にそれぞれ4勝した大竹(4年)、2年間で通算11勝の小島(3年)が揃って不調に陥っていることが影響しており、先のOBは「投手が崩れて打線が取り返す試合が続いている。まるで(系列校の)早実のような試合展開だよ」と嘆き、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る