早大に高まる“清宮待望論” 争奪戦で猛烈攻勢のチーム事情

公開日:

「慶大の優勝を阻止したといっても、先行きが不安。やっぱり清宮君が入ってくれないことには」

 28日の早慶戦を観戦した古株の早大OBがこうつぶやいた。

 六大学野球春季リーグ戦。慶大が勝てばリーグ優勝となるこの一戦は、早大が1点ビハインドの七回に大量5得点を挙げるなど、12―6で勝利した。慶大の優勝を阻止して一矢を報いたが、3季連続のV逸となった早大周辺では、この日の美来工科(沖縄)との招待試合で高校通算96号本塁打を放った早実・清宮幸太郎(18)の待望論が一層、高まっているという。

 早慶戦2試合で計14失点を喫するなど、今春のチーム防御率4.02はリーグ5位(28日現在)と投手がボロボロ。1年秋、2年春にそれぞれ4勝した大竹(4年)、2年間で通算11勝の小島(3年)が揃って不調に陥っていることが影響しており、先のOBは「投手が崩れて打線が取り返す試合が続いている。まるで(系列校の)早実のような試合展開だよ」と嘆き、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る