招待試合続く清宮早実 元横浜高“名参謀”がデメリット指摘

公開日: 更新日:

 高校生活最後の年、修学旅行で全国各地を回りながら野球の練習をしているようなものではないか。

 清宮幸太郎の早実が5、6月と強豪校との招待試合をこなすのことだ。

 何しろ、公になっているだけで週末のスケジュールはビッシリ。先週末の13、14日は熊本で八代、文徳、秀岳館の3校と対戦。今週末の27、28日は沖縄に行って沖縄尚学、美里工、美来工科、興南。6月3、4日は愛知で中京大中京、桜丘、至学館、享栄。17、18日は香川で練習試合を行う予定になっている。

 招待試合は基本的にアゴ足付きだ。飛行機代や宿泊代などは地元テレビ局や県の高野連などが負担する。招待する学校を2泊させると、だいたい1校につき200万円前後かかるらしい。

 それでも先週末の14日、熊本の藤崎台球場には清宮見たさで7000人のファンが集まった。入場料は大人ひとりにつき500円だったから、観客全員が大人だとすればそれだけで350万円。前日の13日は3500人だから175万円。2日間で計525万円となり、早実と共に招待した慶応の経費を含めても、招待する側は十分、採算が合う計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る