招待試合続く清宮早実 元横浜高“名参謀”がデメリット指摘

公開日:  更新日:

 高校生活最後の年、修学旅行で全国各地を回りながら野球の練習をしているようなものではないか。

 清宮幸太郎の早実が5、6月と強豪校との招待試合をこなすのことだ。

 何しろ、公になっているだけで週末のスケジュールはビッシリ。先週末の13、14日は熊本で八代、文徳、秀岳館の3校と対戦。今週末の27、28日は沖縄に行って沖縄尚学、美里工、美来工科、興南。6月3、4日は愛知で中京大中京、桜丘、至学館、享栄。17、18日は香川で練習試合を行う予定になっている。

 招待試合は基本的にアゴ足付きだ。飛行機代や宿泊代などは地元テレビ局や県の高野連などが負担する。招待する学校を2泊させると、だいたい1校につき200万円前後かかるらしい。

 それでも先週末の14日、熊本の藤崎台球場には清宮見たさで7000人のファンが集まった。入場料は大人ひとりにつき500円だったから、観客全員が大人だとすればそれだけで350万円。前日の13日は3500人だから175万円。2日間で計525万円となり、早実と共に招待した慶応の経費を含めても、招待する側は十分、採算が合う計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る