招待試合続く清宮早実 元横浜高“名参謀”がデメリット指摘

公開日: 更新日:

 高校生活最後の年、修学旅行で全国各地を回りながら野球の練習をしているようなものではないか。

 清宮幸太郎の早実が5、6月と強豪校との招待試合をこなすのことだ。

 何しろ、公になっているだけで週末のスケジュールはビッシリ。先週末の13、14日は熊本で八代、文徳、秀岳館の3校と対戦。今週末の27、28日は沖縄に行って沖縄尚学、美里工、美来工科、興南。6月3、4日は愛知で中京大中京、桜丘、至学館、享栄。17、18日は香川で練習試合を行う予定になっている。

 招待試合は基本的にアゴ足付きだ。飛行機代や宿泊代などは地元テレビ局や県の高野連などが負担する。招待する学校を2泊させると、だいたい1校につき200万円前後かかるらしい。

 それでも先週末の14日、熊本の藤崎台球場には清宮見たさで7000人のファンが集まった。入場料は大人ひとりにつき500円だったから、観客全員が大人だとすればそれだけで350万円。前日の13日は3500人だから175万円。2日間で計525万円となり、早実と共に招待した慶応の経費を含めても、招待する側は十分、採算が合う計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る