招待試合続く清宮早実 元横浜高“名参謀”がデメリット指摘

公開日:  更新日:

 高校生活最後の年、修学旅行で全国各地を回りながら野球の練習をしているようなものではないか。

 清宮幸太郎の早実が5、6月と強豪校との招待試合をこなすのことだ。

 何しろ、公になっているだけで週末のスケジュールはビッシリ。先週末の13、14日は熊本で八代、文徳、秀岳館の3校と対戦。今週末の27、28日は沖縄に行って沖縄尚学、美里工、美来工科、興南。6月3、4日は愛知で中京大中京、桜丘、至学館、享栄。17、18日は香川で練習試合を行う予定になっている。

 招待試合は基本的にアゴ足付きだ。飛行機代や宿泊代などは地元テレビ局や県の高野連などが負担する。招待する学校を2泊させると、だいたい1校につき200万円前後かかるらしい。

 それでも先週末の14日、熊本の藤崎台球場には清宮見たさで7000人のファンが集まった。入場料は大人ひとりにつき500円だったから、観客全員が大人だとすればそれだけで350万円。前日の13日は3500人だから175万円。2日間で計525万円となり、早実と共に招待した慶応の経費を含めても、招待する側は十分、採算が合う計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る