メディアの印象操作…早実・清宮の練習試合「100号」報道

公開日: 更新日:

「本当にこの国のマスメディアは異常というか、新しいスターをつくり出したくてしょうがないのでしょう。早実清宮の100号ホームランの報道を見て、あらためてそう思いましたね」

 こう語るのは、スポーツファンの松野弘氏(東農大客員教授)だ。

 早実3年の清宮幸太郎内野手が去る4日、愛知県で行われた招待試合で史上2人目となる高校通算100号を達成。翌日のスポーツ紙はこぞって1面でデカデカとそれを報じ、テレビのワイドショーは、推定135メートルの記念の場外弾を拾った男性を見つけてマイクを向け、ボールを拾った時の詳しい状況をわざわざ聞き出していたのは呆れるより、お笑いだ。前出の松野氏が声を荒らげて続ける。

「100号本塁打といっても、ほとんどは練習試合のもの。過去に107号を打った選手(山本大貴=神港学園―JR西日本)はプロの選手にはなっていない。狭い球場でレベルが低い投手から打ったホームランも数に入れて何を大騒ぎしているのか。メディア不況とはいえ、まったくバカバカしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る