• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メディアの印象操作…早実・清宮の練習試合「100号」報道

「本当にこの国のマスメディアは異常というか、新しいスターをつくり出したくてしょうがないのでしょう。早実清宮の100号ホームランの報道を見て、あらためてそう思いましたね」

 こう語るのは、スポーツファンの松野弘氏(東農大客員教授)だ。

 早実3年の清宮幸太郎内野手が去る4日、愛知県で行われた招待試合で史上2人目となる高校通算100号を達成。翌日のスポーツ紙はこぞって1面でデカデカとそれを報じ、テレビのワイドショーは、推定135メートルの記念の場外弾を拾った男性を見つけてマイクを向け、ボールを拾った時の詳しい状況をわざわざ聞き出していたのは呆れるより、お笑いだ。前出の松野氏が声を荒らげて続ける。

「100号本塁打といっても、ほとんどは練習試合のもの。過去に107号を打った選手(山本大貴=神港学園―JR西日本)はプロの選手にはなっていない。狭い球場でレベルが低い投手から打ったホームランも数に入れて何を大騒ぎしているのか。メディア不況とはいえ、まったくバカバカしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る