日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人に“清宮回避論”浮上 内部に「ドラ1は即戦力」の声

 巨人のドラフト戦略に変化が生じているという。

 1位候補の軸は高校通算93本塁打の早実・清宮幸太郎(3年)。さる14日の熊本での招待試合には7000人もの観客を集め、行く先々で「フィーバー」を巻き起こす。遠征しただけでスポーツ紙の一面を飾り、2番打者が敬遠されて勝負されたことが物議を醸す。最後の夏へ、注目度は高まるばかりだ。

 東京出身。巨人は松井秀喜以来、生え抜きのスターがいないといわれて久しい。岡本ら爆発力を秘める高卒の大砲も育っていない。清宮は喉から手が出るほど欲しい人気者であり、スラッガーである。プロ志望を表明すれば、巨人が手を挙げないはずはない。と思われたが、ここにきて風向きが変わっているという。

「今年の候補は清宮を筆頭に打高投低といわれる中、巨人が熱心なのは、ナンバーワン左腕の呼び声高いJR東日本の田嶋大樹(20=佐野日大高卒)。スリークオーター気味のフォームで最速152キロ。巨人では山口鉄に近いタイプです。ヤマハの鈴木、中大の鍬原のともにMAX152キロ右腕の評価も高い。球団には、今度こそ1年目から活躍してくれる即戦力、と待望する声がある。清宮はプロ入りか大学進学かを表明していない。高卒ルーキーでいきなり30本塁打するわけではないだろうし、それより即戦力の3投手だというのです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事