米スポーツ名門大に薬物疑惑 ドーピング検査が資格停止に

公開日: 更新日:

 スポーツの名門校として知られる米国のUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に薬物疑惑が浮上した。

 世界反ドーピング機関(WADA)は20日(日本時間21日)、同校が運営するドーピング検査システムに不備があったとして3カ月間の資格停止処分を科したと発表した。

 詳細は不明だが、WADAは声明で「最良の検査結果を得るのは難しい」としている。

 複数の米メディアによれば、UCLAのドーピング検査機関は世界でも最大規模を誇り、年間約4万5000の検体を分析しているという。

 同校では、これまで多数のオリンピック選手も輩出しており、OBも含めて計233個のメダルを獲得。昨夏のリオ五輪では女子体操でシモーネ・バイルズが4種目を制するなど、7人の金メダリストが誕生した。

 今回の処分で名門に傷が付きかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る