米スポーツ名門大に薬物疑惑 ドーピング検査が資格停止に

公開日: 更新日:

 スポーツの名門校として知られる米国のUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に薬物疑惑が浮上した。

 世界反ドーピング機関(WADA)は20日(日本時間21日)、同校が運営するドーピング検査システムに不備があったとして3カ月間の資格停止処分を科したと発表した。

 詳細は不明だが、WADAは声明で「最良の検査結果を得るのは難しい」としている。

 複数の米メディアによれば、UCLAのドーピング検査機関は世界でも最大規模を誇り、年間約4万5000の検体を分析しているという。

 同校では、これまで多数のオリンピック選手も輩出しており、OBも含めて計233個のメダルを獲得。昨夏のリオ五輪では女子体操でシモーネ・バイルズが4種目を制するなど、7人の金メダリストが誕生した。

 今回の処分で名門に傷が付きかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  9. 9

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る