日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

八百長に賭博76回…テニス三橋淳“永久追放”で日の丸に泥

「何でも一生懸命やる頑張り屋だけに残念なニュースです」

 あるテニス関係者がこう言った。

 テニスの不正監視団体「テニス・インテグリティー・ユニット(TIU)」は16日、男子の世界ランキング元295位の三橋淳(27)を八百長への関与で永久追放すると発表。5万ドル(約567万円)の罰金も科した。

 TIUによれば、三橋は2015年に南アフリカとナイジェリアで行われたフューチャーズで参加選手に八百長を持ちかけた。さらに、テニスの公式戦の勝敗に対し、76回も賭博行為を行っていたという。三橋はTIUの事情聴取を拒否したので処分が決まった。

 川崎市生まれの三橋は、小学生時代は米国で過ごし、11歳で帰国。05年のジュニアデビス杯U-16では錦織圭らと共に日本代表として戦った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事