違法賭博の処分解除 復帰のバド桃田に注がれる冷たい視線

公開日:

 元世界チャンピオンが表舞台に戻ってくる。

 違法賭博で昨年4月に日本バドミントン協会から無期限の出場停止処分を受けた男子シングルスの桃田賢斗(22)が、27日開幕の日本ランキングサーキット大会(さいたま市)にエントリーした。15日に処分が解除され、1年1カ月ぶりの復帰戦となる。

 2015年のスーパーシリーズ・ファイナルを制した桃田は、昨年4月に闇カジノ店での賭博行為が発覚。メダル獲得が有力視されたリオ五輪出場が絶たれた。処分期間中は所属先のNTT東日本で勤務、練習しながらバドミントン教室に参加するなど、社会貢献活動に取り組んだ。

 桃田は出場停止期間中の活動が認められて処分解除にこぎつけたが、ドーピング違反の女子テニス元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(30=ロシア)が主催者推薦での早期出場を非難されたように、疑問や批判の声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る