• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

違法賭博の処分解除 復帰のバド桃田に注がれる冷たい視線

 元世界チャンピオンが表舞台に戻ってくる。

 違法賭博で昨年4月に日本バドミントン協会から無期限の出場停止処分を受けた男子シングルスの桃田賢斗(22)が、27日開幕の日本ランキングサーキット大会(さいたま市)にエントリーした。15日に処分が解除され、1年1カ月ぶりの復帰戦となる。

 2015年のスーパーシリーズ・ファイナルを制した桃田は、昨年4月に闇カジノ店での賭博行為が発覚。メダル獲得が有力視されたリオ五輪出場が絶たれた。処分期間中は所属先のNTT東日本で勤務、練習しながらバドミントン教室に参加するなど、社会貢献活動に取り組んだ。

 桃田は出場停止期間中の活動が認められて処分解除にこぎつけたが、ドーピング違反の女子テニス元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(30=ロシア)が主催者推薦での早期出場を非難されたように、疑問や批判の声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る