• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“薬物まみれ”ボンズ&クレメンス 殿堂落選もなぜ票伸びた

 米球界はいつからクスリに寛容になったのか。

 米国野球殿堂は18日(日本時間19日)、今年の殿堂入り選手を発表した。

 アストロズ一筋で通算449本塁打のジェフ・バグウェル(48)、エクスポズなどで首位打者1度、盗塁王4度のティム・レインズ(57)、レンジャーズなどで強肩強打の捕手としてならしたイバン・ロドリゲス(45)の3人が選出された。

 落選したが、現役時代にドーピング疑惑が問題視されてきた歴代1位.762本塁打のバリー・ボンズ(52)、通算354勝のロジャー・クレメンス(54)も支持を集めた。得票率はクレメンス54.1%(昨年45.2%)、ボンズが53.8%(同44.3%)で揃って票を伸ばした。

 これまでドーピングに手を染めた選手は引退してからも厳しい視線にさらされてきた。薬物を使用した選手の記録は注釈付きで扱う案が浮上したことも。中には現役時代の実績を否定され、殿堂入りを逃した選手もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る