• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“薬物まみれ”ボンズ&クレメンス 殿堂落選もなぜ票伸びた

 米球界はいつからクスリに寛容になったのか。

 米国野球殿堂は18日(日本時間19日)、今年の殿堂入り選手を発表した。

 アストロズ一筋で通算449本塁打のジェフ・バグウェル(48)、エクスポズなどで首位打者1度、盗塁王4度のティム・レインズ(57)、レンジャーズなどで強肩強打の捕手としてならしたイバン・ロドリゲス(45)の3人が選出された。

 落選したが、現役時代にドーピング疑惑が問題視されてきた歴代1位.762本塁打のバリー・ボンズ(52)、通算354勝のロジャー・クレメンス(54)も支持を集めた。得票率はクレメンス54.1%(昨年45.2%)、ボンズが53.8%(同44.3%)で揃って票を伸ばした。

 これまでドーピングに手を染めた選手は引退してからも厳しい視線にさらされてきた。薬物を使用した選手の記録は注釈付きで扱う案が浮上したことも。中には現役時代の実績を否定され、殿堂入りを逃した選手もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る