“薬物まみれ”ボンズ&クレメンス 殿堂落選もなぜ票伸びた

公開日:  更新日:

 米球界はいつからクスリに寛容になったのか。

 米国野球殿堂は18日(日本時間19日)、今年の殿堂入り選手を発表した。

 アストロズ一筋で通算449本塁打のジェフ・バグウェル(48)、エクスポズなどで首位打者1度、盗塁王4度のティム・レインズ(57)、レンジャーズなどで強肩強打の捕手としてならしたイバン・ロドリゲス(45)の3人が選出された。

 落選したが、現役時代にドーピング疑惑が問題視されてきた歴代1位.762本塁打のバリー・ボンズ(52)、通算354勝のロジャー・クレメンス(54)も支持を集めた。得票率はクレメンス54.1%(昨年45.2%)、ボンズが53.8%(同44.3%)で揃って票を伸ばした。

 これまでドーピングに手を染めた選手は引退してからも厳しい視線にさらされてきた。薬物を使用した選手の記録は注釈付きで扱う案が浮上したことも。中には現役時代の実績を否定され、殿堂入りを逃した選手もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る