DeNAは4連敗免れたが…実力差歴然でセ「DH制導入」加速か

公開日: 更新日:

「そんな山川を西武が13年のドラフト2位で獲得したのはやはり、DH制があるパならではの指名と言えます。いくら打撃がよくても、守れない、走れないという選手では、セ球団ならリストアップの段階で外される可能性もあります。DH制があるから、野手はチャンスが増え、ドラフトの段階で短所に目をつむって特徴のある選手を指名獲得できる。今年のドラフトで言えば六大学の本塁打記録を塗り替えた慶大の岩見雅紀がそうでしょう。打力A、守備力と走力はCと評価される岩見を楽天が2位で指名した。セとパでは、選手の入り口からして差が生じ、それが大きくなってチーム力の差にもなっているのです」(山崎氏)

 実はセにも、かねて「DH制導入論」がくすぶっている。

 選手育成における利点はもちろん、打高投低の色合いを増すことで観客動員増につなげたいとの思惑から、一部球団が導入に積極的な姿勢を示している。ここ数年、毎年のように貧打に泣く巨人もDH制推進派に転じたともっぱらだ。

 来季以降、DH制導入論が加速する可能性が大である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る