掛布氏にも横文字肩書 なぜ阪神は監督退任者を球団に残す

公開日: 更新日:

 ユニホームから背広に着替えてどんな仕事をするのだろうか。

 阪神掛布雅之前二軍監督(62)は11月1日、「オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA)」に就任。キャンプや他球団の育成法などを視察して坂井オーナーにチームづくりの助言を行うという。

 阪神が監督経験者に横文字の肩書をつけるのはこれが3人目だ。

 最初は、2003年に18年ぶりの優勝を成し遂げながら、体調不良を理由に電撃辞任した星野仙一氏(70=現楽天副会長・写真右)のシニアディレクター(SD)だった。2人目は、15年まで4年ほど指揮を執った和田豊氏(55・同左)のシニアアドバイザー(SA)。和田SAは掛布SEAの就任に伴い、肩書がテクニカルアドバイザー(TA)に変わった。

■年俸は?

 プロ野球の監督は退任すると、ほとんどは解説者に転身する。すぐに他球団から指導者として招聘されるケースもあるが、阪神のように現場からフロント入りするケースは多くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る