掛布氏にも横文字肩書 なぜ阪神は監督退任者を球団に残す

公開日:  更新日:

 ユニホームから背広に着替えてどんな仕事をするのだろうか。

 阪神の掛布雅之前二軍監督(62)は11月1日、「オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA)」に就任。キャンプや他球団の育成法などを視察して坂井オーナーにチームづくりの助言を行うという。

 阪神が監督経験者に横文字の肩書をつけるのはこれが3人目だ。

 最初は、2003年に18年ぶりの優勝を成し遂げながら、体調不良を理由に電撃辞任した星野仙一氏(70=現楽天副会長・写真右)のシニアディレクター(SD)だった。2人目は、15年まで4年ほど指揮を執った和田豊氏(55・同左)のシニアアドバイザー(SA)。和田SAは掛布SEAの就任に伴い、肩書がテクニカルアドバイザー(TA)に変わった。

■年俸は?

 プロ野球の監督は退任すると、ほとんどは解説者に転身する。すぐに他球団から指導者として招聘されるケースもあるが、阪神のように現場からフロント入りするケースは多くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る