掛布氏にも横文字肩書 なぜ阪神は監督退任者を球団に残す

公開日: 更新日:

 ユニホームから背広に着替えてどんな仕事をするのだろうか。

 阪神の掛布雅之前二軍監督(62)は11月1日、「オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA)」に就任。キャンプや他球団の育成法などを視察して坂井オーナーにチームづくりの助言を行うという。

 阪神が監督経験者に横文字の肩書をつけるのはこれが3人目だ。

 最初は、2003年に18年ぶりの優勝を成し遂げながら、体調不良を理由に電撃辞任した星野仙一氏(70=現楽天副会長・写真右)のシニアディレクター(SD)だった。2人目は、15年まで4年ほど指揮を執った和田豊氏(55・同左)のシニアアドバイザー(SA)。和田SAは掛布SEAの就任に伴い、肩書がテクニカルアドバイザー(TA)に変わった。

■年俸は?

 プロ野球の監督は退任すると、ほとんどは解説者に転身する。すぐに他球団から指導者として招聘されるケースもあるが、阪神のように現場からフロント入りするケースは多くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る