沢村賞に歓喜も…巨人菅野のメジャー挑戦は5年後に遠のく

公開日:

「沢村賞」の選考委員会が30日、都内で開かれ、巨人・菅野智之(28)が自身初の受賞。巨人からの選出は2002年の上原浩治以来15年ぶりだ。

 5年目の今季は25試合に登板し、17勝5敗、171奪三振、6完投、防御率1.59、投球回は187回3分の1で、勝率.773をマークした。

 16勝6敗、防御率1.97の西武・菊池雄星(26)との一騎打ちとなった。5人の委員による選考会では2人の同時受賞を推す声も出たが、堀内恒夫選考委員長は「日本のプロ野球でナンバーワンの投手に贈られる賞。今回は2人の名前が出た。成績的には5項目をクリアしている中でベストワンを選ぶということで菅野君に決めた」と説明。菅野は会見で「投手としての最高の名誉ある沢村栄治賞を受賞することができて、言葉で表せないくらい感動している」と喜んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る