沢村賞に歓喜も…巨人菅野のメジャー挑戦は5年後に遠のく

公開日: 更新日:

「沢村賞」の選考委員会が30日、都内で開かれ、巨人・菅野智之(28)が自身初の受賞。巨人からの選出は2002年の上原浩治以来15年ぶりだ。

 5年目の今季は25試合に登板し、17勝5敗、171奪三振、6完投、防御率1.59、投球回は187回3分の1で、勝率.773をマークした。

 16勝6敗、防御率1.97の西武・菊池雄星(26)との一騎打ちとなった。5人の委員による選考会では2人の同時受賞を推す声も出たが、堀内恒夫選考委員長は「日本のプロ野球でナンバーワンの投手に贈られる賞。今回は2人の名前が出た。成績的には5項目をクリアしている中でベストワンを選ぶということで菅野君に決めた」と説明。菅野は会見で「投手としての最高の名誉ある沢村栄治賞を受賞することができて、言葉で表せないくらい感動している」と喜んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る