沢村賞に歓喜も…巨人菅野のメジャー挑戦は5年後に遠のく

公開日:

「沢村賞」の選考委員会が30日、都内で開かれ、巨人・菅野智之(28)が自身初の受賞。巨人からの選出は2002年の上原浩治以来15年ぶりだ。

 5年目の今季は25試合に登板し、17勝5敗、171奪三振、6完投、防御率1.59、投球回は187回3分の1で、勝率.773をマークした。

 16勝6敗、防御率1.97の西武・菊池雄星(26)との一騎打ちとなった。5人の委員による選考会では2人の同時受賞を推す声も出たが、堀内恒夫選考委員長は「日本のプロ野球でナンバーワンの投手に贈られる賞。今回は2人の名前が出た。成績的には5項目をクリアしている中でベストワンを選ぶということで菅野君に決めた」と説明。菅野は会見で「投手としての最高の名誉ある沢村栄治賞を受賞することができて、言葉で表せないくらい感動している」と喜んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る