貧打解消の切り札 メッツ自由契約の青木宣親を巨人が狙う

公開日: 更新日:

「(日本に)帰ってくるなら受け入れる準備をしないといけない」

 ヤクルト・衣笠球団社長のコメントだ。

 31日、米大リーグのメッツが青木宣親(35)の自由契約を発表したのを受け、獲得に動くことを明言した。

 青木は来年1月で36歳になる。ワールドシリーズ出場中のアストロズで迎えた日米14年目の今季は、7月末にブルージェイズへ放出され、1カ月後にはそのブルージェイズからも戦力外通告。メッツに拾われたものの、結局、今季2度目の自由契約となった。本人はかねて「できる限りはメジャーでやりたい」と話しているが、年齢を考えても、メジャー契約で青木を受け入れる米球団があるかは不透明。仮にあっても、今季年俸の550万ドル(約6億2000万円)からの大幅ダウンは免れない。

 青木自身、今季終了後に「今後もメジャーにこだわる? その辺はなんか、考えられない。精神的にはちょっと疲れたかもね」と話し、日本球界復帰を視野、と報じられた。そこで、以前から“日本に戻るなら古巣が最有力”といわれるヤクルトが、さっそくラブコールを送ったわけだが、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る