貧打解消の切り札 メッツ自由契約の青木宣親を巨人が狙う

公開日: 更新日:

「(日本に)帰ってくるなら受け入れる準備をしないといけない」

 ヤクルト・衣笠球団社長のコメントだ。

 31日、米大リーグのメッツが青木宣親(35)の自由契約を発表したのを受け、獲得に動くことを明言した。

 青木は来年1月で36歳になる。ワールドシリーズ出場中のアストロズで迎えた日米14年目の今季は、7月末にブルージェイズへ放出され、1カ月後にはそのブルージェイズからも戦力外通告。メッツに拾われたものの、結局、今季2度目の自由契約となった。本人はかねて「できる限りはメジャーでやりたい」と話しているが、年齢を考えても、メジャー契約で青木を受け入れる米球団があるかは不透明。仮にあっても、今季年俸の550万ドル(約6億2000万円)からの大幅ダウンは免れない。

 青木自身、今季終了後に「今後もメジャーにこだわる? その辺はなんか、考えられない。精神的にはちょっと疲れたかもね」と話し、日本球界復帰を視野、と報じられた。そこで、以前から“日本に戻るなら古巣が最有力”といわれるヤクルトが、さっそくラブコールを送ったわけだが、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る