ソフトB王手に貢献 ベテラン高谷“ものまね上手”の観察眼

公開日: 更新日:

 捕手として、そして打者としても値千金の活躍をしたのが、ソフトバンクの高谷裕亮(35)だ。

 初回、先発の武田は絶不調。先頭打者から2者連続四球を与え、制球に苦しんだ。DeNAはここぞとばかりに盗塁を仕掛けてきたが、これを高谷が阻止。2つの盗塁をいずれも刺した。

 武田が4回3分の1を1失点に抑えたのも、ベテランならではのリードがあってのものだろう。バットでも、1点リードの四回1死二、三塁から追加点となる2点タイムリーを放った。

 お立ち台では「試合に使ってもらっているときは必死でやるだけ。(きょうは)ピッチャーの頑張りだと思います」と謙遜したが、達川バッテリーコーチはベタ褒めだ。

「(初回の盗塁は)高谷がよう刺した。(送球のコースは)あそこしかない、という場所。武田はきょう、ホントに最悪やったらしいからね。高谷のおかげで粘ることができたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  9. 9

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る