• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子レスリングW杯V4も 五輪全階級制覇は重量級が弱点

 女子レスリング日本代表が騒動をはね返した。

 18日、団体戦の女子W杯決勝で中国を6―4で下し、大会4連覇を達成。パワハラを告発されたことによる体調不良で自宅療養中の栄和人強化本部長(57)不在の中、日本はリオ五輪金メダルで62キロ級の川井梨紗子(23)らが危なげなく、相手をマットに沈め、中国を振り切った、

 栄本部長に代わって指揮を執った笹山秀雄強化委員長は「いろんなことがあった中で、4連覇できてほっとしている。世界選手権に向けていい流れができた」と安堵の表情を見せた。

 今大会、57キロ級を除けば、五輪階級の軽、中量級は結果を残した一方で、68キロ級の森川美和(18)、76キロ級の皆川博恵(30)の重量級は惨敗。テレビ中継の解説を務めた五輪3連覇の吉田沙保里は「勝って良かった。(栄監督には)帰って報告します」と話したが、日本の弱点とされた重量級が課題として露呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る