女子レスリングW杯V4も 五輪全階級制覇は重量級が弱点

公開日:  更新日:

 女子レスリング日本代表が騒動をはね返した。

 18日、団体戦の女子W杯決勝で中国を6―4で下し、大会4連覇を達成。パワハラを告発されたことによる体調不良で自宅療養中の栄和人強化本部長(57)不在の中、日本はリオ五輪金メダルで62キロ級の川井梨紗子(23)らが危なげなく、相手をマットに沈め、中国を振り切った、

 栄本部長に代わって指揮を執った笹山秀雄強化委員長は「いろんなことがあった中で、4連覇できてほっとしている。世界選手権に向けていい流れができた」と安堵の表情を見せた。

 今大会、57キロ級を除けば、五輪階級の軽、中量級は結果を残した一方で、68キロ級の森川美和(18)、76キロ級の皆川博恵(30)の重量級は惨敗。テレビ中継の解説を務めた五輪3連覇の吉田沙保里は「勝って良かった。(栄監督には)帰って報告します」と話したが、日本の弱点とされた重量級が課題として露呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る