伊調パワハラ問題で揺れる至学館大 4月新入生と恩師の胸中

公開日:

 五輪4連覇中の伊調馨(33)へのパワハラを告発された日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)は、至学館大学レスリング部の監督でもある。

 2003年、前身である中京女子大のレスリング部監督に就任し、競技採用された翌04年のアテネ五輪で吉田沙保里と伊調馨が金、伊調千春が銀で、いきなり3人の教え子がメダルを獲得。ここまで五輪メダリストを7人も育てあげ、計14個のメダルを持ち帰った。

 名将・栄本部長とともに、至学館大の知名度もうなぎ上り。「至学館のレスリング部に入ればメダルが取れる」というほどの強豪校になった。しかし、肝心の名伯楽は今回のパワハラ騒動により「心身衰弱」で自宅療養中。17日に群馬・高崎で開幕する女子W杯の日本選手団本部長を辞退している。

 栄バッシングはエスカレートし、批判の矛先は次第に至学館大そのものへ。谷岡郁子学長は大学の公式ホームページで「SNSなどを通してレスリング部の選手達にいわれのない誹謗中傷が寄せられています。こうした状況に学生やその保護者、卒業生及び教職員にもご心労をおかけしていることを辛く思います」との文章を掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る