• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊調パワハラ問題で揺れる至学館大 4月新入生と恩師の胸中

 五輪4連覇中の伊調馨(33)へのパワハラを告発された日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)は、至学館大学レスリング部の監督でもある。

 2003年、前身である中京女子大のレスリング部監督に就任し、競技採用された翌04年のアテネ五輪で吉田沙保里と伊調馨が金、伊調千春が銀で、いきなり3人の教え子がメダルを獲得。ここまで五輪メダリストを7人も育てあげ、計14個のメダルを持ち帰った。

 名将・栄本部長とともに、至学館大の知名度もうなぎ上り。「至学館のレスリング部に入ればメダルが取れる」というほどの強豪校になった。しかし、肝心の名伯楽は今回のパワハラ騒動により「心身衰弱」で自宅療養中。17日に群馬・高崎で開幕する女子W杯の日本選手団本部長を辞退している。

 栄バッシングはエスカレートし、批判の矛先は次第に至学館大そのものへ。谷岡郁子学長は大学の公式ホームページで「SNSなどを通してレスリング部の選手達にいわれのない誹謗中傷が寄せられています。こうした状況に学生やその保護者、卒業生及び教職員にもご心労をおかけしていることを辛く思います」との文章を掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る