伊調パワハラ問題で揺れる至学館大 4月新入生と恩師の胸中

公開日:

 五輪4連覇中の伊調馨(33)へのパワハラを告発された日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)は、至学館大学レスリング部の監督でもある。

 2003年、前身である中京女子大のレスリング部監督に就任し、競技採用された翌04年のアテネ五輪で吉田沙保里と伊調馨が金、伊調千春が銀で、いきなり3人の教え子がメダルを獲得。ここまで五輪メダリストを7人も育てあげ、計14個のメダルを持ち帰った。

 名将・栄本部長とともに、至学館大の知名度もうなぎ上り。「至学館のレスリング部に入ればメダルが取れる」というほどの強豪校になった。しかし、肝心の名伯楽は今回のパワハラ騒動により「心身衰弱」で自宅療養中。17日に群馬・高崎で開幕する女子W杯の日本選手団本部長を辞退している。

 栄バッシングはエスカレートし、批判の矛先は次第に至学館大そのものへ。谷岡郁子学長は大学の公式ホームページで「SNSなどを通してレスリング部の選手達にいわれのない誹謗中傷が寄せられています。こうした状況に学生やその保護者、卒業生及び教職員にもご心労をおかけしていることを辛く思います」との文章を掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る