伊調パワハラ問題で揺れる至学館大 4月新入生と恩師の胸中

公開日: 更新日:

 五輪4連覇中の伊調馨(33)へのパワハラを告発された日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)は、至学館大学レスリング部の監督でもある。

 2003年、前身である中京女子大のレスリング部監督に就任し、競技採用された翌04年のアテネ五輪で吉田沙保里と伊調馨が金、伊調千春が銀で、いきなり3人の教え子がメダルを獲得。ここまで五輪メダリストを7人も育てあげ、計14個のメダルを持ち帰った。

 名将・栄本部長とともに、至学館大の知名度もうなぎ上り。「至学館のレスリング部に入ればメダルが取れる」というほどの強豪校になった。しかし、肝心の名伯楽は今回のパワハラ騒動により「心身衰弱」で自宅療養中。17日に群馬・高崎で開幕する女子W杯の日本選手団本部長を辞退している。

 栄バッシングはエスカレートし、批判の矛先は次第に至学館大そのものへ。谷岡郁子学長は大学の公式ホームページで「SNSなどを通してレスリング部の選手達にいわれのない誹謗中傷が寄せられています。こうした状況に学生やその保護者、卒業生及び教職員にもご心労をおかけしていることを辛く思います」との文章を掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る