• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子レス“えこひいき”騒動 栄監督が明かした愛娘の本音

 女子レスリングのパワハラ騒動について、至学館大学の谷岡郁子学長が口を開いた。

 15日、愛知・大府市内の同校キャンパスで会見。同大学監督で、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)が周囲に圧力をかけて伊調馨(33)の練習を妨害したなどとする一連の報道に「それだけの力は栄和人にはないんです」と反論した。

 17日開幕の国別対抗戦女子W杯(高崎)に、栄監督の娘である希和(24)が65キロ級で出場することに一部ワイドショーが「えこひいき」と報道。同学長は本人から辞退の申し出があったことを明かし「根拠のない話で抗議したい」と憤りをあらわにした。

 栄監督と前妻との間に生まれた希和は14年全日本選手権60キロ級を制し、翌15年の世界選手権に出場(12位)。故障で一時、戦列を離れたが、復帰戦となった昨年10月の日米対抗戦で世界選手権銀のアリ・ラガンを撃破。今年1月のヤリギン国際大会(ロシア)で準優勝するなど、国際大会での実績は十分。今回のW杯代表入りも「えこひいき」ではない。それでも、栄氏の過去の発言があらぬ誤解を招いた可能性は否定できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る