パワハラ騒動の余波 レスリング伊調馨に海外修行プラン

公開日:

 女子レスリングのパワハラ騒動の渦中にいる五輪4連覇中の伊調馨(33)に海外留学プランが浮上した。

 バルセロナ五輪代表で元ナショナルコーチの安達巧氏(51)らが内閣府に提出した告発状によれば、伊調は日本協会の栄和人強化本部長(57)から、不当に練習を妨げられ、その圧力によって活動拠点にしていた警視庁からも出入り禁止になったそうだ。現在、練習場所の確保もままならないという。ここにきて拓大、日体大などの男子の強豪校がレスリング場の提供を申し出ている。両校とも学生ではトップクラスの選手を揃えるが、体力はともかく、技術的には伊調の練習相手を務めるのは厳しい。

 リオ五輪後、本格的な練習から遠ざかっている伊調にとって体力、実戦感覚を取り戻すためにも、よりレベルの高い練習環境が必要になる。そのため、東京五輪出場を見据える伊調は練習相手や場所を海外に求めるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る