• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パワハラ騒動の余波 レスリング伊調馨に海外修行プラン

 女子レスリングのパワハラ騒動の渦中にいる五輪4連覇中の伊調馨(33)に海外留学プランが浮上した。

 バルセロナ五輪代表で元ナショナルコーチの安達巧氏(51)らが内閣府に提出した告発状によれば、伊調は日本協会の栄和人強化本部長(57)から、不当に練習を妨げられ、その圧力によって活動拠点にしていた警視庁からも出入り禁止になったそうだ。現在、練習場所の確保もままならないという。ここにきて拓大、日体大などの男子の強豪校がレスリング場の提供を申し出ている。両校とも学生ではトップクラスの選手を揃えるが、体力はともかく、技術的には伊調の練習相手を務めるのは厳しい。

 リオ五輪後、本格的な練習から遠ざかっている伊調にとって体力、実戦感覚を取り戻すためにも、よりレベルの高い練習環境が必要になる。そのため、東京五輪出場を見据える伊調は練習相手や場所を海外に求めるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る