体調不安でも結果 伊調馨のピーキングを国内ライバル警戒

公開日:

 日本協会の栄和人強化本部長(57)によるパワハラ騒動を尻目に、女子レスリング日本代表が団体戦で争う国別対抗戦W杯(17~18日=高崎)に向けて都内で強化合宿を行っている。

 今大会の代表メンバーの中量級(57~62キロ)の選手は、伊調が復帰した際には当然、ライバルとなる。いずれも「打倒伊調」を目標に掲げて日夜、厳しい練習をこなしている選手ばかり。そのライバルたちが、伊調の復帰を警戒しているという。

 伊調の調整能力の高さは折り紙付き。これまで世界選手権、五輪などの国際大会に向けてピークを合わせてきた。2014年11月に最愛の母・トシさんを亡くすと、そのショックから立ち直れず、しばらくレスリングから遠ざかった。調整不十分のまま同年12月の全日本選手権に臨みながら、危なげなく優勝。年が明けてからも練習に身が入らず、9月の世界選手権も同様に調整不足で出場したものの、10度目の頂点に。コンディショニングを懸念する周囲の不安をよそに、結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る