• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体調不安でも結果 伊調馨のピーキングを国内ライバル警戒

 日本協会の栄和人強化本部長(57)によるパワハラ騒動を尻目に、女子レスリング日本代表が団体戦で争う国別対抗戦W杯(17~18日=高崎)に向けて都内で強化合宿を行っている。

 今大会の代表メンバーの中量級(57~62キロ)の選手は、伊調が復帰した際には当然、ライバルとなる。いずれも「打倒伊調」を目標に掲げて日夜、厳しい練習をこなしている選手ばかり。そのライバルたちが、伊調の復帰を警戒しているという。

 伊調の調整能力の高さは折り紙付き。これまで世界選手権、五輪などの国際大会に向けてピークを合わせてきた。2014年11月に最愛の母・トシさんを亡くすと、そのショックから立ち直れず、しばらくレスリングから遠ざかった。調整不十分のまま同年12月の全日本選手権に臨みながら、危なげなく優勝。年が明けてからも練習に身が入らず、9月の世界選手権も同様に調整不足で出場したものの、10度目の頂点に。コンディショニングを懸念する周囲の不安をよそに、結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る