吉田沙保里は順風満帆…国民栄誉賞レスラーの“明と暗”

公開日:

 性格的にはそもそも、水と油だった。

 レスリング界の「絶対女王」と呼ばれる伊調馨(33)と、「霊長類最強女子」の異名をとった吉田沙保里(35)。ともに国民栄誉賞を受賞する日本女子レスリング界のツートップは、2016年のリオ五輪でクッキリと明暗が分かれた。

 レスリング女子で前人未到の五輪4連覇を果たした伊調とは対照的に、決勝でまさかの敗戦を喫した吉田の4連覇は無残に消えた。15年間にわたって君臨した世界女王の座から陥落し、銀メダルを首からぶら下げて号泣した。

「しかし今、『我が世の春』を謳歌しているのは吉田の方です」とレスリング関係者が続ける。

「リオ前から恩師である栄レスリング協会強化本部長との関係が悪化し、今は練習する環境すら満足に確保できない伊調がついに恩師を“告発”するに至ったのに対し、吉田は15年末に長年所属したALSOKを退社してマネジメント会社と契約してから生活そのものがガラリと変わった。リオ五輪直前の個人壮行会には芸能界、財界からも人を集め、出席者は実に1000人超。会費制だったため、『まるで政治家の資金集めパーティーだな』という声も上がった。リオ後は売れっ子タレントばりにテレビやイベントに出まくり、年収はウン千万円ともっぱらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る