鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

公開日: 更新日:

 経歴を見るだけで一目瞭然だろう。彼は母国ドイツを皮切りにアフリカに渡り、それから東南アジア、西アジア、そして北中米で大陸選手権、W杯の予選などを戦って本大会出場を成し遂げた。

 世界中のサッカー最前線で戦ってきたシェーファーの「引き出し」の中には、日本サッカーが世界レべルに近づくための方策が、ギッシリ詰まっていると確信している。

 どうしても彼を次期日本代表監督に就任させるべき――と言っているのではない。世界には有能な外国人指導者が多く存在し、日本のサッカーにフィットする人材も少なくないはず。発掘の労を惜しんで「日本人指導者で大丈夫」と言い切るのは時期尚早ではないか。

 ドイツへの留学経験があり、今もドイツサッカーとのコネクションを持っている田嶋会長は「ドイツ人と日本人との親和性」を肌で感じているはず。次期代表監督選びの際は、ドイツを含めて世界に目を向けるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  8. 8

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  9. 9

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

  10. 10

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る