イングランドは靴下で784万円…FIFAが取った「罰金」総額

公開日: 更新日:

 国際サッカー連盟(FIFA)は11日、イングランドに「784万円」、ウルグアイに「560万円」の罰金を命じたと明らかにした。

 イングランドは準々決勝のスウェーデン戦で、複数の選手が試合用とは別のストッキングを着用して練習。試合でもストッキングの他に滑り止め付きソックスを重ねばきしていた選手がいた。ウルグアイはスタジアム到着時間が遅れたことが理由で、いずれもW杯の規則違反だという。ソックスではスウェーデンも、規定外の物を着用していたとの理由で「784万円」を科されている。

 今大会は「罰金」が目立つ。この日の準決勝でイングランドを倒したクロアチアは、決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦でPK戦の前に選手が公式スポンサーではない飲料メーカーの商品「レッドブル」を飲んだことが原因で「784万円」の罰金。さらに、代表コーチ補佐の政治的な発言で「168万円」、アルゼンチンとの試合後に両国のファンが乱闘を起こしたことで「140万円」。クロアチアはすでに3度も食らっている。アルゼンチン側には、サポーターが同性愛者への差別的なかけ声を発したと「1155万円」もの高額罰金を徴収した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る