イングランドは靴下で784万円…FIFAが取った「罰金」総額

公開日: 更新日:

 国際サッカー連盟(FIFA)は11日、イングランドに「784万円」、ウルグアイに「560万円」の罰金を命じたと明らかにした。

 イングランドは準々決勝のスウェーデン戦で、複数の選手が試合用とは別のストッキングを着用して練習。試合でもストッキングの他に滑り止め付きソックスを重ねばきしていた選手がいた。ウルグアイはスタジアム到着時間が遅れたことが理由で、いずれもW杯の規則違反だという。ソックスではスウェーデンも、規定外の物を着用していたとの理由で「784万円」を科されている。

 今大会は「罰金」が目立つ。この日の準決勝でイングランドを倒したクロアチアは、決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦でPK戦の前に選手が公式スポンサーではない飲料メーカーの商品「レッドブル」を飲んだことが原因で「784万円」の罰金。さらに、代表コーチ補佐の政治的な発言で「168万円」、アルゼンチンとの試合後に両国のファンが乱闘を起こしたことで「140万円」。クロアチアはすでに3度も食らっている。アルゼンチン側には、サポーターが同性愛者への差別的なかけ声を発したと「1155万円」もの高額罰金を徴収した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る