• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベルギー終戦も市場価値上昇 アザールに金満クラブ熱視線

投稿日:

 ベルギーの躍進を支えたのがFWアザール(27=チェルシー)だ。

 主将として臨んだ今大会はチームをまとめるだけでなく、チャンスメーカーとして牽引。1次リーグのイングランド戦を除く5試合にスタメン出場し、2ゴール、2アシストで、チームの32年ぶりの4強進出に貢献した。

 今季のバロンドールの有力候補にも挙げられているアザールはW杯での働きぶりで市場価値はうなぎ上りだ。

 中でもスペイン、英国の金満クラブから高く評価され、リーガエスパニョーラのライバル同士であるRマドリード、バルセロナは、けた違いの金額を提示するとみられる。

 複数のスペインメディアが伝えたところによれば、スペインリーグを代表する2チームはアザールが所属する英チェルシーに対し、移籍金1億5000万ユーロ(約196億円)を提示するという。これは、イタリア・ユベントスと合意したC・ロナウドの135億円をはるかに上回る金額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る