大使館で入団会見 乾貴士獲得でベティスが弾くソロバン

公開日:

 日本代表のMF乾貴士(30)が昨12日、都内のスペイン大使館でスペイン1部ベティスへの入団会見を行った。3年契約を結び、「今年で30歳。これが最後の移籍になる」と言い切った。

 16強入りしたロシアW杯の2得点で大ブレークし、「電車に乗ると顔を指さされ、プールに行くと盗撮される。子供の運動会に出たら(知らない人が)寄ってくる」と反響について笑いながらコメント。しかし、4年後のカタールW杯について聞かれると、「4年後ですか……。1年、1年頑張って4年後に選ばれたら……」と歯切れが悪かった。

 スペインのクラブが加入選手の母国で入団会見を開くのも、現地大使館で行うのも、史上初だという。創設110年を迎えるスペイン南部の人気クラブによるVIP待遇には、もちろん思惑がある。

「昨年4月にスペイン国王のフェリペ6世夫妻が来日した際、安倍首相夫妻が主催した夕食会に、乾も出席している。スペインでは日本の顔として認知され、W杯で活躍したことでさらに知名度は上がった。かつて三浦カズや中田がイタリアへ渡った時、所属クラブにスポンサーなど多額のジャパンマネーが流れた。戦力面だけでなく、“広告塔”としてスタジアムに広告を出してくれる日本企業を引っ張ってきたり、テレビの放映権やグッズの売り上げなどに貢献してほしいと考えています」(スペインサッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る