• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯で精彩欠くも…メッシが代表引退できない“大人の事情”

 決勝トーナメント1回戦で敗退した今大会を最後に、代表引退をささやかれているのがアルゼンチンのエースストライカー・メッシ(31=バルセロナ)だ。

 1次リーグ初戦のアイスランド戦ではPKを失敗。最終戦のナイジェリア戦で今大会初得点を決めたが、精彩を欠くプレーが目立った。

 アルゼンチンは、ナイジェリア戦で決勝ゴールをアシストしたパボン(22=ボカ・ジュニアーズ)らの若手FWが台頭。世代交代の波にのまれたメッシは、自らアルゼンチンのユニホームを脱がなくても代表の座を追われる可能性を指摘されていた。

 しかし、世界最高選手は簡単に代表から退けない。名門バルセロナのエースとして国際的な人気を誇るだけに、多くのスター選手同様、大人の事情を抱えているからだ。

 アルゼンチン代表には世界的な企業がスポンサーに付き、親善試合の契約金は最高で200万ドル(約2億2000万円)に達するなど、メッシのおかげで同国のサッカー協会は潤っている。メッシが代表を引退すれば状況は一変。スポンサーからの撤退を検討する企業が少なくないといわれ、アルゼンチンメディアの試算によれば同協会の収入は年間で最大25億円も減る可能性が指摘されている。

 2022年カタール大会はともかく、アルゼンチン代表からしばらくはメッシの名前が消えることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る