• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯で精彩欠くも…メッシが代表引退できない“大人の事情”

 決勝トーナメント1回戦で敗退した今大会を最後に、代表引退をささやかれているのがアルゼンチンのエースストライカー・メッシ(31=バルセロナ)だ。

 1次リーグ初戦のアイスランド戦ではPKを失敗。最終戦のナイジェリア戦で今大会初得点を決めたが、精彩を欠くプレーが目立った。

 アルゼンチンは、ナイジェリア戦で決勝ゴールをアシストしたパボン(22=ボカ・ジュニアーズ)らの若手FWが台頭。世代交代の波にのまれたメッシは、自らアルゼンチンのユニホームを脱がなくても代表の座を追われる可能性を指摘されていた。

 しかし、世界最高選手は簡単に代表から退けない。名門バルセロナのエースとして国際的な人気を誇るだけに、多くのスター選手同様、大人の事情を抱えているからだ。

 アルゼンチン代表には世界的な企業がスポンサーに付き、親善試合の契約金は最高で200万ドル(約2億2000万円)に達するなど、メッシのおかげで同国のサッカー協会は潤っている。メッシが代表を引退すれば状況は一変。スポンサーからの撤退を検討する企業が少なくないといわれ、アルゼンチンメディアの試算によれば同協会の収入は年間で最大25億円も減る可能性が指摘されている。

 2022年カタール大会はともかく、アルゼンチン代表からしばらくはメッシの名前が消えることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る