W杯で精彩欠くも…メッシが代表引退できない“大人の事情”

公開日:  更新日:

 決勝トーナメント1回戦で敗退した今大会を最後に、代表引退をささやかれているのがアルゼンチンのエースストライカー・メッシ(31=バルセロナ)だ。

 1次リーグ初戦のアイスランド戦ではPKを失敗。最終戦のナイジェリア戦で今大会初得点を決めたが、精彩を欠くプレーが目立った。

 アルゼンチンは、ナイジェリア戦で決勝ゴールをアシストしたパボン(22=ボカ・ジュニアーズ)らの若手FWが台頭。世代交代の波にのまれたメッシは、自らアルゼンチンのユニホームを脱がなくても代表の座を追われる可能性を指摘されていた。

 しかし、世界最高選手は簡単に代表から退けない。名門バルセロナのエースとして国際的な人気を誇るだけに、多くのスター選手同様、大人の事情を抱えているからだ。

 アルゼンチン代表には世界的な企業がスポンサーに付き、親善試合の契約金は最高で200万ドル(約2億2000万円)に達するなど、メッシのおかげで同国のサッカー協会は潤っている。メッシが代表を引退すれば状況は一変。スポンサーからの撤退を検討する企業が少なくないといわれ、アルゼンチンメディアの試算によれば同協会の収入は年間で最大25億円も減る可能性が指摘されている。

 2022年カタール大会はともかく、アルゼンチン代表からしばらくはメッシの名前が消えることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る