「火竜の山」樋口明雄著

公開日:  更新日:

 高速道路が開通して人気登山スポットとなった岐阜県北部にある新羅山には、さまざまな者が集まっていた。誘拐され、監禁されていた家から逃げ出してきた政治家の息子。誘拐犯の男女。ネットの呼びかけで集まった初対面の登山者5人。ターゲットを追ってきたヒットマン……。

 3年前から地震が頻発していた新羅山が突然、揺れた。巨大な煙が湧きあがり、頂稜を覆いはじめる。山岳救助犬のデモンストレーションと講演のため岐阜に来ていた山梨県警南アルプス警察署山岳救助隊K―9の星野夏実と神崎静奈は、山に登山者が残っていることを知り、救助犬を連れて救出に向かう。

 K―9シリーズの第4作目。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る