日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「火竜の山」樋口明雄著

 高速道路が開通して人気登山スポットとなった岐阜県北部にある新羅山には、さまざまな者が集まっていた。誘拐され、監禁されていた家から逃げ出してきた政治家の息子。誘拐犯の男女。ネットの呼びかけで集まった初対面の登山者5人。ターゲットを追ってきたヒットマン……。

 3年前から地震が頻発していた新羅山が突然、揺れた。巨大な煙が湧きあがり、頂稜を覆いはじめる。山岳救助犬のデモンストレーションと講演のため岐阜に来ていた山梨県警南アルプス警察署山岳救助隊K―9の星野夏実と神崎静奈は、山に登山者が残っていることを知り、救助犬を連れて救出に向かう。

 K―9シリーズの第4作目。(新潮社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事