• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「どうなる世界経済 入門 国際経済学」伊藤元重著

 目まぐるしく変動する国際経済の基礎から最新動向までをセミナー形式で解説した入門書。

 まずはトランプ大統領の誕生でその行く末が気になるTPP。世界のGDPの40%、人口8億人をカバーするこの巨大協定は、その規模だけでなく内容も画期的だという。貿易自由圏としてのEU(欧州連合)や、NAFTA(北米自由貿易協定)とTPPとの違いなどを解説しながら、通商システムについて考察。

 ほかにも、中国経済のソフトランディングの可能性と立ちはだかるハードル、そして英国のEU離脱が世界にもたらす影響などをテーマに、経済統合や通貨制度などの基礎知識を織り込みながら教えてくれる、分かりやすくて深いタイムリー本。(光文社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る