「どうなる世界経済 入門 国際経済学」伊藤元重著

公開日: 更新日:

 目まぐるしく変動する国際経済の基礎から最新動向までをセミナー形式で解説した入門書。

 まずはトランプ大統領の誕生でその行く末が気になるTPP。世界のGDPの40%、人口8億人をカバーするこの巨大協定は、その規模だけでなく内容も画期的だという。貿易自由圏としてのEU(欧州連合)や、NAFTA(北米自由貿易協定)とTPPとの違いなどを解説しながら、通商システムについて考察。

 ほかにも、中国経済のソフトランディングの可能性と立ちはだかるハードル、そして英国のEU離脱が世界にもたらす影響などをテーマに、経済統合や通貨制度などの基礎知識を織り込みながら教えてくれる、分かりやすくて深いタイムリー本。(光文社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード