「学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方」サンキュータツオ著

公開日: 更新日:

 自称「辞書オタク」の著者が、国語辞典の面白さを説いたエッセー。

 国語辞書など、どれも同じと思って侮るなかれ。例えば「うつくしい」という言葉を各社の辞書で比べてみると、類義語を多数掲載するものから、用例の出典まで示すもの、古語から現代語になるまでの変遷を記しているものまで実にさまざま。著者は、国語辞書はTPOに合わせて使い分ける鞄のようなもので、実は用途に合わせて編集方針があるという。「岩波国語辞典」は「都会派インテリメガネ君」、「新明解国語辞典」は「マイノリティーの味方」など、各辞書を擬人化しながら、その特徴を読み比べ、知られざる辞書の魅力を語る。(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  7. 7

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

  9. 9

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る