「学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方」サンキュータツオ著

公開日:

 自称「辞書オタク」の著者が、国語辞典の面白さを説いたエッセー。

 国語辞書など、どれも同じと思って侮るなかれ。例えば「うつくしい」という言葉を各社の辞書で比べてみると、類義語を多数掲載するものから、用例の出典まで示すもの、古語から現代語になるまでの変遷を記しているものまで実にさまざま。著者は、国語辞書はTPOに合わせて使い分ける鞄のようなもので、実は用途に合わせて編集方針があるという。「岩波国語辞典」は「都会派インテリメガネ君」、「新明解国語辞典」は「マイノリティーの味方」など、各辞書を擬人化しながら、その特徴を読み比べ、知られざる辞書の魅力を語る。(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る