• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方」サンキュータツオ著

 自称「辞書オタク」の著者が、国語辞典の面白さを説いたエッセー。

 国語辞書など、どれも同じと思って侮るなかれ。例えば「うつくしい」という言葉を各社の辞書で比べてみると、類義語を多数掲載するものから、用例の出典まで示すもの、古語から現代語になるまでの変遷を記しているものまで実にさまざま。著者は、国語辞書はTPOに合わせて使い分ける鞄のようなもので、実は用途に合わせて編集方針があるという。「岩波国語辞典」は「都会派インテリメガネ君」、「新明解国語辞典」は「マイノリティーの味方」など、各辞書を擬人化しながら、その特徴を読み比べ、知られざる辞書の魅力を語る。(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る