「学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方」サンキュータツオ著

公開日: 更新日:

 自称「辞書オタク」の著者が、国語辞典の面白さを説いたエッセー。

 国語辞書など、どれも同じと思って侮るなかれ。例えば「うつくしい」という言葉を各社の辞書で比べてみると、類義語を多数掲載するものから、用例の出典まで示すもの、古語から現代語になるまでの変遷を記しているものまで実にさまざま。著者は、国語辞書はTPOに合わせて使い分ける鞄のようなもので、実は用途に合わせて編集方針があるという。「岩波国語辞典」は「都会派インテリメガネ君」、「新明解国語辞典」は「マイノリティーの味方」など、各辞書を擬人化しながら、その特徴を読み比べ、知られざる辞書の魅力を語る。(KADOKAWA 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る