「理化学研究所 100年目の巨大研究機関」山根一眞著

公開日: 更新日:

 日本の基礎科学を支えてきた理化学研究所では、現在、約450の研究室で3000人もの研究者が最先端の研究を続けている。創立100周年を迎えた同研究所の歴史を踏まえながら、その研究の一端を紹介するサイエンス・リポート。

 日本科学界の悲願だった新元素発見を達成した「ニホニウム」合成に至る13年半に及ぶ苦闘、そのニホニウム誕生の場でもあり、原子核物理から植物の品種改良までこなす巨大地下実験施設「RIビームファクトリー」、10億分の1メートルの世界がくっきりと見える「SPring-8」、そしてiPS細胞による再生医療など、70人以上の研究者の話から日本の科学力がつくりだす未来が浮かび上がる。(講談社 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  8. 7

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る