「理化学研究所 100年目の巨大研究機関」山根一眞著

公開日: 更新日:

 日本の基礎科学を支えてきた理化学研究所では、現在、約450の研究室で3000人もの研究者が最先端の研究を続けている。創立100周年を迎えた同研究所の歴史を踏まえながら、その研究の一端を紹介するサイエンス・リポート。

 日本科学界の悲願だった新元素発見を達成した「ニホニウム」合成に至る13年半に及ぶ苦闘、そのニホニウム誕生の場でもあり、原子核物理から植物の品種改良までこなす巨大地下実験施設「RIビームファクトリー」、10億分の1メートルの世界がくっきりと見える「SPring-8」、そしてiPS細胞による再生医療など、70人以上の研究者の話から日本の科学力がつくりだす未来が浮かび上がる。(講談社 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る