「理化学研究所 100年目の巨大研究機関」山根一眞著

公開日:  更新日:

 日本の基礎科学を支えてきた理化学研究所では、現在、約450の研究室で3000人もの研究者が最先端の研究を続けている。創立100周年を迎えた同研究所の歴史を踏まえながら、その研究の一端を紹介するサイエンス・リポート。

 日本科学界の悲願だった新元素発見を達成した「ニホニウム」合成に至る13年半に及ぶ苦闘、そのニホニウム誕生の場でもあり、原子核物理から植物の品種改良までこなす巨大地下実験施設「RIビームファクトリー」、10億分の1メートルの世界がくっきりと見える「SPring-8」、そしてiPS細胞による再生医療など、70人以上の研究者の話から日本の科学力がつくりだす未来が浮かび上がる。(講談社 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る