「ぴんぞろ」戌井昭人著

公開日:

 売れない脚本家の今井は、浅草にある芸能事務所に顔を出した帰り道、芸人の座間に声をかけられる。芸では食っていけない座間は、手品師に弟子入りしていた。サイコロを取り出した座間は、5年かけて磨いたというチンチロリンのイカサマ技を披露し、金を貸せと言い出す。これから賭場に繰り出すらしい。座間に同行して、賭場に足を踏み入れた今井だが、すぐに座間のイカサマがバレてしまう。おまけに心臓に持病を抱える座間は、ショックでその場で死んでしまう。今井はそのとばっちりで、座間の代役として、宴会の司会を務めるため山奥の温泉街に行くはめに。(表題作)

 サイコロの目に導かれるように漂流する男を描く表題作の他1編を収録した注目作家の作品集。(講談社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る