• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「UNLOCK」木村一志著

 高校卒業後、無計画に上京したためホームレス生活を体験することになった著者。その苦い経験から手に職をつけようと考えていたとき目についたのが、バイト先の寮の近くにあった「鍵屋」だった。

 むかしテレビで見た錠前技師を思い出した著者は、貯金をつぎ込んで鍵屋の専門学校に入学。ゼロから錠前技師の技術を身につけ、次第に腕をあげていく。

 開業当初は極貧で月収8万円がせいぜいだったが、高い技術と営業努力であっという間に年収3000万円に。警察関係者にも名が知られ、ベンチャー企業の家宅捜索、薬物常習犯の確保の現場でも活躍するようになる。

 ときには解錠に行った先でカップルの痴話喧嘩に巻き込まれたり、SMクラブの客の手錠を外した経験など、現役錠前技師の仕事の裏側、波瀾万丈の生き方をつづった自伝。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る