「UNLOCK」木村一志著

公開日: 更新日:

 高校卒業後、無計画に上京したためホームレス生活を体験することになった著者。その苦い経験から手に職をつけようと考えていたとき目についたのが、バイト先の寮の近くにあった「鍵屋」だった。

 むかしテレビで見た錠前技師を思い出した著者は、貯金をつぎ込んで鍵屋の専門学校に入学。ゼロから錠前技師の技術を身につけ、次第に腕をあげていく。

 開業当初は極貧で月収8万円がせいぜいだったが、高い技術と営業努力であっという間に年収3000万円に。警察関係者にも名が知られ、ベンチャー企業の家宅捜索、薬物常習犯の確保の現場でも活躍するようになる。

 ときには解錠に行った先でカップルの痴話喧嘩に巻き込まれたり、SMクラブの客の手錠を外した経験など、現役錠前技師の仕事の裏側、波瀾万丈の生き方をつづった自伝。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る