「UNLOCK」木村一志著

公開日:  更新日:

 高校卒業後、無計画に上京したためホームレス生活を体験することになった著者。その苦い経験から手に職をつけようと考えていたとき目についたのが、バイト先の寮の近くにあった「鍵屋」だった。

 むかしテレビで見た錠前技師を思い出した著者は、貯金をつぎ込んで鍵屋の専門学校に入学。ゼロから錠前技師の技術を身につけ、次第に腕をあげていく。

 開業当初は極貧で月収8万円がせいぜいだったが、高い技術と営業努力であっという間に年収3000万円に。警察関係者にも名が知られ、ベンチャー企業の家宅捜索、薬物常習犯の確保の現場でも活躍するようになる。

 ときには解錠に行った先でカップルの痴話喧嘩に巻き込まれたり、SMクラブの客の手錠を外した経験など、現役錠前技師の仕事の裏側、波瀾万丈の生き方をつづった自伝。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る