「UNLOCK」木村一志著

公開日:  更新日:

 高校卒業後、無計画に上京したためホームレス生活を体験することになった著者。その苦い経験から手に職をつけようと考えていたとき目についたのが、バイト先の寮の近くにあった「鍵屋」だった。

 むかしテレビで見た錠前技師を思い出した著者は、貯金をつぎ込んで鍵屋の専門学校に入学。ゼロから錠前技師の技術を身につけ、次第に腕をあげていく。

 開業当初は極貧で月収8万円がせいぜいだったが、高い技術と営業努力であっという間に年収3000万円に。警察関係者にも名が知られ、ベンチャー企業の家宅捜索、薬物常習犯の確保の現場でも活躍するようになる。

 ときには解錠に行った先でカップルの痴話喧嘩に巻き込まれたり、SMクラブの客の手錠を外した経験など、現役錠前技師の仕事の裏側、波瀾万丈の生き方をつづった自伝。

(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る