「ふなだま」立花水馬著

公開日: 更新日:

 小児喘息の息子への気遣いのなさをなじって、妻は息子を連れて出ていった。会社では部下のリストラを迫られる。そして認知症の父が死んだ。そんな状況にいた江原修司は、父の葬儀後、父が自分あてに残した段ボール箱の遺品の中に、握りこぶしほどの大きさの石を見つけた。

 その夜、修司は軍艦に乗って敵の襲撃を受けた夢を見る。翌日も軍艦の夢を見た修司は、書店で精神医学の本を見ていて「サイコメトリー」という言葉に出合う。それは物質の記憶を読みとる能力のことだった。父が残したあの石から自分が何かを読みとったとしたら……。

 遺品から父のメッセージを読みとったサラリーマンを描く心温まる物語。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る