「日本の聖域クライシス」 「選択」編集部編

公開日:  更新日:

 大手メディアが事実をねじ曲げて伝えたり、口をつぐんできた諸問題に鋭く切り込む会員制月刊誌の人気連載の書籍化。

 例えば、13年から法律で定められた定期予防接種に組み込まれた子宮頚がん予防ワクチンの副反応問題。WHOはその後も、ワクチンの危険性は極めて低いとし、接種を推奨している。しかし、日本ではマスコミが厚労省や政治家、弁護士とグルになって世論をミスリード。子宮頚がんで命を落とす人を見殺しにしている実態とその背景を告発する。

 その他、東京オリンピックの新国立競技場建設をめぐる迷走や、高速増殖炉もんじゅ廃炉の舞台裏など。日本でも横行するフェイクニュースを斬り、アンタッチャブルな問題の真相に迫る。

 (新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る