• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本の聖域クライシス」 「選択」編集部編

 大手メディアが事実をねじ曲げて伝えたり、口をつぐんできた諸問題に鋭く切り込む会員制月刊誌の人気連載の書籍化。

 例えば、13年から法律で定められた定期予防接種に組み込まれた子宮頚がん予防ワクチンの副反応問題。WHOはその後も、ワクチンの危険性は極めて低いとし、接種を推奨している。しかし、日本ではマスコミが厚労省や政治家、弁護士とグルになって世論をミスリード。子宮頚がんで命を落とす人を見殺しにしている実態とその背景を告発する。

 その他、東京オリンピックの新国立競技場建設をめぐる迷走や、高速増殖炉もんじゅ廃炉の舞台裏など。日本でも横行するフェイクニュースを斬り、アンタッチャブルな問題の真相に迫る。

 (新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る