「ラテンアメリカ五〇〇年」清水透著

公開日:  更新日:

「リアルな歴史」にこだわる著者は、40年近くにわたってメキシコのマヤ系先住民社会に通い、その土地の歴史を考えてきた。その体験を踏まえ、ヨーロッパによる「発見」以降の約500年のラテンアメリカの歴史を、これまでの征服者や宗主国の視点とは異なるアプローチで描き出す講義集。

 歴史も文化も人種構成も多岐にわたる広大なラテンアメリカを3つの「場」に分類。その上で征服を正当化するためにいけにえや人肉食などの野蛮なイメージを捏造した征服者らのイメージ戦略や、強制されたキリスト教を再解釈して、新しい宇宙観をつくり上げていったインディオたちの文化の創造力など、発見された側に寄り添った考察が、歴史の見方、捉え方を変えてくれるお薦めの書。(岩波書店 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る