「ラテンアメリカ五〇〇年」清水透著

公開日:  更新日:

「リアルな歴史」にこだわる著者は、40年近くにわたってメキシコのマヤ系先住民社会に通い、その土地の歴史を考えてきた。その体験を踏まえ、ヨーロッパによる「発見」以降の約500年のラテンアメリカの歴史を、これまでの征服者や宗主国の視点とは異なるアプローチで描き出す講義集。

 歴史も文化も人種構成も多岐にわたる広大なラテンアメリカを3つの「場」に分類。その上で征服を正当化するためにいけにえや人肉食などの野蛮なイメージを捏造した征服者らのイメージ戦略や、強制されたキリスト教を再解釈して、新しい宇宙観をつくり上げていったインディオたちの文化の創造力など、発見された側に寄り添った考察が、歴史の見方、捉え方を変えてくれるお薦めの書。(岩波書店 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る