「中南米野球はなぜ強いのか」中島大輔著

公開日: 更新日:

 世界の野球シーンで活躍が目立つのが中南米出身の選手だ。それには理由がある。野球選手になることは、中南米諸国で生まれた少年が貧困から脱出するための数少ない手段のひとつなのだ。とりわけ身体能力の高いドミニカ人に目をつけたMLBの各球団は、ドミニカ共和国にアカデミーを開き、選手の発掘と育成に力を入れていて、現在は30球団すべてのアカデミーがある。ドミニカではアメリカから輸入する野球道具に関税がかからないだけでなく、アカデミーの選手の給料もUSドル払いで、所得税もかからないから、経費が安上がりなのだ。

 有力選手の背景がわかって、野球の試合がより楽しめる。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  4. 4

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    菅原前経産相の再選後押し 立憲・国民の不毛なメンツ争い

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  9. 9

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  10. 10

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る