• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「中南米野球はなぜ強いのか」中島大輔著

 世界の野球シーンで活躍が目立つのが中南米出身の選手だ。それには理由がある。野球選手になることは、中南米諸国で生まれた少年が貧困から脱出するための数少ない手段のひとつなのだ。とりわけ身体能力の高いドミニカ人に目をつけたMLBの各球団は、ドミニカ共和国にアカデミーを開き、選手の発掘と育成に力を入れていて、現在は30球団すべてのアカデミーがある。ドミニカではアメリカから輸入する野球道具に関税がかからないだけでなく、アカデミーの選手の給料もUSドル払いで、所得税もかからないから、経費が安上がりなのだ。

 有力選手の背景がわかって、野球の試合がより楽しめる。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る