「中南米野球はなぜ強いのか」中島大輔著

公開日:

 世界の野球シーンで活躍が目立つのが中南米出身の選手だ。それには理由がある。野球選手になることは、中南米諸国で生まれた少年が貧困から脱出するための数少ない手段のひとつなのだ。とりわけ身体能力の高いドミニカ人に目をつけたMLBの各球団は、ドミニカ共和国にアカデミーを開き、選手の発掘と育成に力を入れていて、現在は30球団すべてのアカデミーがある。ドミニカではアメリカから輸入する野球道具に関税がかからないだけでなく、アカデミーの選手の給料もUSドル払いで、所得税もかからないから、経費が安上がりなのだ。

 有力選手の背景がわかって、野球の試合がより楽しめる。

(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る