【自然科学】ナポレオンに次いで有名だった“知の巨人”

公開日:  更新日:

 19世紀前半、ナポレオンに次ぐ有名人と目された男。中南米各地を実地踏査し、文豪のゲーテ、第3代米国大統領ジェファーソンとも親交があり、その男が書いた著作は、スペインの植民地支配から脱するべく独立運動を指導したボリバルの背中を押し、ダーウィンの「種の起源」やソローの「森の生活」の成立、ヘッケルの「生態学」の概念に多大な影響を与えた。それほどの人物にもかかわらず、近年その男の名前は忘れ去られていた。

 本書はその男の業績をあらためて丁寧にたどり直し、彼が残した豊饒な遺産を現代の我々がいかに受け継ぐべきかを説いた野心作。ことに自然界の生き物はその大小にかかわらず「生命の網」としてすべて有機的につながっているとし、南米植民地で行われていた深刻な環境破壊にいち早く警鐘を鳴らした彼は、現在の環境問題の先駆として重要な位置づけがなされている。

 この男の名前だけは知っている人も多いと思うが、科学と自然を総合的に見渡す不世出の知の巨人の足跡をたどっていけば、大いなる知的興奮に駆られること請け合い。

★先週のX本はコレでした

「約束」
イジー・クラトフヴィル著
河出書房新社 2600円+税

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る