「ゲバラ漂流」海堂尊著

公開日:  更新日:

 医師となったゲバラはアルゼンチンを出て、パナマ、コスタリカ、ニカラグア、グアテマラ……とカリブ諸国を漂流する。そこで見たのは、大国アメリカの横暴さだった。

 1936年にアメリカが中南米諸国を統治するため米州機構の前身をつくって以来、同機構はアメリカの冷戦政策に同調して革命運動を抑圧した。

 グアテマラではアルベンス政権による社会改革が進められていたが、1951年、トルーマンは朝鮮戦争で中南米諸国に軍事協力を要請し、次々に軍事協定を結んでグアテマラ包囲網を形成していく。

 抑圧された中米諸国の苦悩を知ったゲバラが革命家となっていく時代を描く長編第2部。

 (文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る