「ゲバラ漂流」海堂尊著

公開日:  更新日:

 医師となったゲバラはアルゼンチンを出て、パナマ、コスタリカ、ニカラグア、グアテマラ……とカリブ諸国を漂流する。そこで見たのは、大国アメリカの横暴さだった。

 1936年にアメリカが中南米諸国を統治するため米州機構の前身をつくって以来、同機構はアメリカの冷戦政策に同調して革命運動を抑圧した。

 グアテマラではアルベンス政権による社会改革が進められていたが、1951年、トルーマンは朝鮮戦争で中南米諸国に軍事協力を要請し、次々に軍事協定を結んでグアテマラ包囲網を形成していく。

 抑圧された中米諸国の苦悩を知ったゲバラが革命家となっていく時代を描く長編第2部。

 (文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る