「『つながり』と健康格差」村山洋史著

公開日:  更新日:

 地縁・血縁・社縁などわたしたちはさまざまな「つながり」に囲まれて暮らしている。「つながり不足」は重大な健康リスクであり、国家経済に与える損失が約5兆円と試算された英国では今年1月、「孤独担当大臣」が新設されたという。本書は、そんなつながりと健康の関係に注目した健康テキスト。

 ある研究によると「社会的つながりは有益であり、一方で孤独は命取りになる」「大切なのはつながりの数や有無ではなく、その質」「良い関係性は体だけではなく脳も守ってくれる」という。地域のつながり=「ソーシャルキャピタル」と健康、そして夫婦関係や家族関係と健康など、つながりが私たちの心身に与える影響を、最先端の研究を交えながら解き明かす。

(ポプラ社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る