「地元の力を生かす『ご当地企業』」帝国データバンク 中村宏之著

公開日:

 大手信用調査会社のビッグデータを基に、全都道府県の県民性や経済特性、その特性を生かした地元企業の特色を分析したビジネステキスト。

 例えば青森県。サンマ・サケ・ホタテなどの消費量が全国1位の魚介類消費県であるが、一方で外食への支出は全国で一番少ない。その産業構造は第1次産業に従事する人が日本で一番多く、農林業が全国平均の3倍、漁業が4倍だという。県内企業の代表は日本原燃で、関連企業も多いのが特徴。他にも農業漁業系の会社の規模も大きいが、青森県発祥の企業は少ない。そして女性社長率も全国1位で、その理由なども分析。さらに事業承継確率や増収企業の割合など、10の指標で各県の企業体質を偏差値化する。

(中央公論新社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る