「日本の居酒屋」太田和彦著

公開日:  更新日:

 その土地の風土、歴史、産物のすべてが反映して一つの文化を形成する居酒屋ほど、県民性が表れるところはないと著者は言う。全国を飲み歩いてきた著者が、居酒屋から見えるそんな各地の県民性をつづった酒場エッセー。

 日本のビール製造の原点である北海道の居酒屋は、ビールの扱いに慣れており、どこで飲んでも内地よりうまいという。

 同地の居酒屋の基本は「炉端焼き」。食材が良いので焼くのが一番など、諸説があるが、氏は開拓民の当時の住居に備えられていた大きな炉がそのルーツだとみる。

 極寒の地では燃える火こそが命の証しで、そこに料理があるのが安心の根本になるからだ……という具合に全都道府県を網羅、各地のお薦め居酒屋も紹介。(朝日新聞出版 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る