「日本の居酒屋」太田和彦著

公開日: 更新日:

 その土地の風土、歴史、産物のすべてが反映して一つの文化を形成する居酒屋ほど、県民性が表れるところはないと著者は言う。全国を飲み歩いてきた著者が、居酒屋から見えるそんな各地の県民性をつづった酒場エッセー。

 日本のビール製造の原点である北海道の居酒屋は、ビールの扱いに慣れており、どこで飲んでも内地よりうまいという。

 同地の居酒屋の基本は「炉端焼き」。食材が良いので焼くのが一番など、諸説があるが、氏は開拓民の当時の住居に備えられていた大きな炉がそのルーツだとみる。

 極寒の地では燃える火こそが命の証しで、そこに料理があるのが安心の根本になるからだ……という具合に全都道府県を網羅、各地のお薦め居酒屋も紹介。(朝日新聞出版 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る