「食は『県民性』では語れない」野瀬泰申著

公開日: 更新日:

 横浜・中華街生まれの「サンマー麺」は神奈川県内では普通に、隣の静岡県でも見かけるが、富士川を渡ると消滅する。

 薬味のネギは、旧東海道上、小田原まで白ネギ、三島では青ネギになり、その境界線は箱根だという。このように、食文化は「ケンミン」単位で語ることは不可能だという著者が、境界線をテーマに、多様で複雑な日本の食文化の歴史とそれを生み出した風土についてつづる面白エッセー。

 山形県の「芋煮」の牛肉・醤油味と、豚肉・味噌味の分布は、旧山形藩、米沢藩、庄内藩の国境と重なるという。他にも、カレーや肉じゃがで関東では豚、関西では牛が使われるのはなぜか、お好み焼きの意外な発祥地、そして食の多様性を代表する雑煮まで。お馴染みの日常食の常識が覆る。

(KADOKAWA 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る