「食は『県民性』では語れない」野瀬泰申著

公開日:  更新日:

 横浜・中華街生まれの「サンマー麺」は神奈川県内では普通に、隣の静岡県でも見かけるが、富士川を渡ると消滅する。

 薬味のネギは、旧東海道上、小田原まで白ネギ、三島では青ネギになり、その境界線は箱根だという。このように、食文化は「ケンミン」単位で語ることは不可能だという著者が、境界線をテーマに、多様で複雑な日本の食文化の歴史とそれを生み出した風土についてつづる面白エッセー。

 山形県の「芋煮」の牛肉・醤油味と、豚肉・味噌味の分布は、旧山形藩、米沢藩、庄内藩の国境と重なるという。他にも、カレーや肉じゃがで関東では豚、関西では牛が使われるのはなぜか、お好み焼きの意外な発祥地、そして食の多様性を代表する雑煮まで。お馴染みの日常食の常識が覆る。

(KADOKAWA 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る