「ありがとうを言えなくて」野村克也著

公開日: 更新日:

 野村は監督時代、いつも最悪の事態を想定して采配を振ったが、家庭ではそれを怠っていた。人生の中でいつも沙知代がいるということが絶対だったからだ。野村はいつも応接間で、沙知代はダイニングでテレビを見ていた。たばこを吸うときもダイニングで吸っていた。

 妻が他界してから、野村は、彼女がいつも座っていた、ニコチンの臭いが染みついたダイニングの椅子でテレビを見るようになった。

 妻の死で、野村は家にも「体温」があることを知った。猫はいつも家でいちばん暖かい場所で寝ているが、今の野村にとって一番暖かい場所は沙知代が座っていた椅子なのだ。

 倒れてからわずか5分で逝ってしまった妻に言えなかった言葉をつづった手記。

 (講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る