「ありがとうを言えなくて」野村克也著

公開日: 更新日:

 野村は監督時代、いつも最悪の事態を想定して采配を振ったが、家庭ではそれを怠っていた。人生の中でいつも沙知代がいるということが絶対だったからだ。野村はいつも応接間で、沙知代はダイニングでテレビを見ていた。たばこを吸うときもダイニングで吸っていた。

 妻が他界してから、野村は、彼女がいつも座っていた、ニコチンの臭いが染みついたダイニングの椅子でテレビを見るようになった。

 妻の死で、野村は家にも「体温」があることを知った。猫はいつも家でいちばん暖かい場所で寝ているが、今の野村にとって一番暖かい場所は沙知代が座っていた椅子なのだ。

 倒れてからわずか5分で逝ってしまった妻に言えなかった言葉をつづった手記。

 (講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る

人気キーワード