• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「歌丸ばなし」桂歌丸著

 寄席で、客が勘が鋭ければその場で笑うが、鈍ければ家に帰ってから笑う。噺家(はなしか)は客を見極めながら枕を振るが、歌丸は仲のいい夫婦の噺「おすわどん」にこんな枕を振った。歌丸がお昼ご飯兼朝ご飯を食べていたら、かみさんが「晩のご飯のおかず何にする?」と聞く。めんどくさいから「なんでもいいよ」と言ったら、ほんとになんでもいいおかずが出てきて、猫もまたいでいった。

 その日かわした会話はそれだけだったので、「今はただ 飯食うだけの 夫婦かな」と一句ひねったら、かみさんは「今はただ 櫛の要らない 頭かな」と返した。

 軽妙な枕入りの「井戸の茶碗」「紺屋高尾」など8つの演目を収載した、くすりと笑える一冊。

 (ポプラ社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る