「ヤバい選挙」宮澤暁著

公開日: 更新日:

 選挙にまつわるウソのような本当の出来事を集めた事件簿。

 1963年の都知事選では候補者が実は死亡していたという珍事が発生。橋本勝は、女性型人造人間を量産して若者の性のはけ口にするというトンデモ公約を掲げて立候補。立候補届の受理後に選挙管理委員会が本籍地に問い合わせると、戸籍上、橋本は2カ月前に死亡していたことが判明。親戚は候補者は戸籍上の橋本ではないと断言するが、候補者の橋本は自分が戸籍上の橋本だと主張。結局、橋本への投票は無効票となったが、なぜこんなことが起きたのか、著者はその驚くべき背景を解説していく。

 他にも267人が立候補した人口2万人足らずの村の村長選など、選挙をめぐるヤバいエピソードが満載。

(新潮社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る