北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「暗渠パラダイス!」髙山英男、吉村生著

公開日: 更新日:

 暗渠とは、川や水路など水の流れに蓋をしたものを指す。これに対して、水面が見える普通の川や水路は、開渠または明渠という。その暗渠を街中で探しては楽しむ人を、暗渠マニアと呼ぶが、本書は、そのマニアが書いた入門書だ。

 蓋をしているから、一見、その下に何があるのかわからない。そういうときはサインを探すのだという。そのひとつが「車止め」だ。路地の入り口などに車が入れないように、車止めの杭などがあるが、あれは車が入っていくと蓋が壊れてしまう危険があるからなのである。

 こういう初級編から徐々に中級編、上級編へと進んでいく。「板橋三大暗渠」はさしずめ上級編だろう。東京都板橋区には、たくさんの暗渠があるが、特に流域面積が広いのが区の北側の新河岸川、荒川に並んで注いでいる「前谷津川」「蓮根川」「出井川」の3本だというのである。地図が載っているので、ここにこうやって暗渠があるのかと一目瞭然。板橋地区にお住まいの方は、休日にこの地図を見ながら暗渠散歩するのも一興だ。意欲的な前谷津川、おっとり夢見る蓮根川、いたずら大好き出井川、というのもおかしい。

 普段は何げなく通りすぎる道も、暗渠を意識して歩くと意外な風景が見えてくるのもいい。暗渠には、どうしてそうなったのかという街の歴史がつまっているので、それを考えるだけで面白いのである。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る