日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

南沢奈央が祖母の死明かす 「俳句に対する気持ちが変わった」

 南沢奈央(24)が14日、「第9回『赤十字・いのちと献血俳句コンテスト』表彰式」に出席。35万句を超える応募から文部科学大臣賞・厚生労働大臣賞など各賞が発表された。

 4回目のゲスト審査員を務めた南沢は「俳句を通して命や献血について考えられるのは、本当に意味があること」とコメント。

「今年は今までとこのコンテストに対する気持ちが変わりました。祖母の死後に、残された俳句を何度も読みました。すべてがいのちの作品のように感じた」と、今年6月に俳句が好きだった祖母が死去したことを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事