痛々しかった「SONGS」 中森明菜に居場所はあるのか?

公開日: 更新日:

 復帰コンサート再開の噂がある中森明菜が15日の「SONGS」(NHK)に登場した。09年に同番組でインタビューした素材を再編集したものだが、はっきりいって歌声はひどかった。

 デビュー時から、「セカンドラブ」(82年)、「2分の1の神話」(83年)、「北ウイング」(84年)など、そのときどきのヒット曲の歌唱VTRがワンコーラスずつ流れ、合間に明菜が心境を語るという、中年ファンにはたまらない構成だった。

 18歳にして「タイトルも決め、作曲家を指名し、セルフプロデュースの道を歩き始めた」(ナレーション)という明菜。圧巻は、「アイドルからひとりのアーティストへと変貌を遂げた」といわれたころの「飾りじゃないのよ涙は」(84年)、「DESIRE─情熱─」(86年)の歌唱力! 高音の伸びがすごいのだ。

 しかし、番組ラストで披露した尾崎豊の「I LOVE YOU」は最悪だった。ここ数年、カバー曲ばかりやっているが、高音が出ないから、歌っているというよりささやいている感じ。はっきりいって痛々しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る