痛々しかった「SONGS」 中森明菜に居場所はあるのか?

公開日:  更新日:

 復帰コンサート再開の噂がある中森明菜が15日の「SONGS」(NHK)に登場した。09年に同番組でインタビューした素材を再編集したものだが、はっきりいって歌声はひどかった。

 デビュー時から、「セカンドラブ」(82年)、「2分の1の神話」(83年)、「北ウイング」(84年)など、そのときどきのヒット曲の歌唱VTRがワンコーラスずつ流れ、合間に明菜が心境を語るという、中年ファンにはたまらない構成だった。

 18歳にして「タイトルも決め、作曲家を指名し、セルフプロデュースの道を歩き始めた」(ナレーション)という明菜。圧巻は、「アイドルからひとりのアーティストへと変貌を遂げた」といわれたころの「飾りじゃないのよ涙は」(84年)、「DESIRE─情熱─」(86年)の歌唱力! 高音の伸びがすごいのだ。

 しかし、番組ラストで披露した尾崎豊の「I LOVE YOU」は最悪だった。ここ数年、カバー曲ばかりやっているが、高音が出ないから、歌っているというよりささやいている感じ。はっきりいって痛々しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る