痛々しかった「SONGS」 中森明菜に居場所はあるのか?

公開日: 更新日:

 復帰コンサート再開の噂がある中森明菜が15日の「SONGS」(NHK)に登場した。09年に同番組でインタビューした素材を再編集したものだが、はっきりいって歌声はひどかった。

 デビュー時から、「セカンドラブ」(82年)、「2分の1の神話」(83年)、「北ウイング」(84年)など、そのときどきのヒット曲の歌唱VTRがワンコーラスずつ流れ、合間に明菜が心境を語るという、中年ファンにはたまらない構成だった。

 18歳にして「タイトルも決め、作曲家を指名し、セルフプロデュースの道を歩き始めた」(ナレーション)という明菜。圧巻は、「アイドルからひとりのアーティストへと変貌を遂げた」といわれたころの「飾りじゃないのよ涙は」(84年)、「DESIRE─情熱─」(86年)の歌唱力! 高音の伸びがすごいのだ。

 しかし、番組ラストで披露した尾崎豊の「I LOVE YOU」は最悪だった。ここ数年、カバー曲ばかりやっているが、高音が出ないから、歌っているというよりささやいている感じ。はっきりいって痛々しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る